墓石の歴史

墓石は、墓石と書いて、はかいし、ぼせきと読まれ、墓碑と書いて、ぼひと読みます。

Pickupリンク…http://kotobank.jp/word/%E5%A2%93%E7%A2%91

一般的には、お墓と呼ばれておりますが、そのお墓は、いつごろ、日本に登場したのでしょうか?

お墓の歴史について、調べてみたいと思います。

日本にお墓が登場したのは、平安時代。

仏教の伝来に伴い石工の技術が渡来したことにより、五輪塔、多宝塔、宝篋印塔、宝塔、層塔などのお墓が次々と作られました。

また、鎌倉時代には、中国から伝来した位牌と戒名の影響を受け、現在の形の墓石が日本全国に広まっていったとのことです。

今も残る檀家制度についてですが、檀家は、江戸時代に確立されました。

江戸時代には、先祖を供養し、葬儀や法要、お墓にまつわる行事が人々の生活の中に徐々に定着されていき、庶民が墓石を建立するようになるのですが、その墓石に代々の家の象徴とする家紋を入れるようになったのも、そのころからだといわれております。

明治になると、家制度が確立され、親族一党のお墓ではなく、個人個人の家のお墓が建立されるようになり、お墓に、故人の戒名、「○○家先祖代々之墓」の文字を入れるようになりました。

わたし達が何気なく目にしているお墓にも、長い歴史があり、意味があるのです。

今、お墓参りをされる方が減少しているとのことですが、先祖を敬い、先祖に感謝して手を合わすことが、人を敬う気持ちを作るのかもしれません。